【最新刊】カイジ ファイナルゲーム 小説版

カイジ ファイナルゲーム 小説版

1冊

円居挽 原作:福本伸行

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    シリーズ累計2100万部を誇るギャンブル漫画の金字塔『カイジ』藤原竜也主演映画化第3弾は、原作者福本伸行自ら脚本に携わり、オリジナルストーリーを考案。全く新しい4つのゲーム【バベルの塔】【最後の審判】【ドリームジャンプ】【ゴールドジャンケン】が登場し、ファン垂涎の手に汗握る展開が繰り広げられる。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/14
    連載誌/レーベル
    講談社文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/16Posted by ブクログ

      映画を見る前に少しでも理解しておこうと思い小説版を読んでみました。私の理解力が足らないためか、映画ほどの迫力は感じられませんでした。(これは9割自分が悪い)
      けれども、内容とは違うが本の薄さといい行間...

      続きを読む
    • 2019/12/04Posted by ブクログ

      原作への愛で読み切れたけど読んだことを後悔した。
      カイジと円居の良さが両方消えている。カイジの独特の台詞回しやナレーションは全く反映されていない。円居の青臭く欠陥の多さが魅力的な人物造形もカイジと相反...

      続きを読む
    • 2019/12/01Posted by ブクログ

      小説版を読んでみた。
      思ってたよりも、正直そんなに面白くなかった…
      もっと、心理戦があると思っていたのだが、簡単なひっかけしかなく、

    セーフモード