【最新刊】AI崩壊

AI崩壊

浜口倫太郎

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    主演・大沢たかお×監督・入江悠2020年公開、映画化決定! 2030年AIが命の価値を決める。スマートフォンなどのデジタルデバイスによって日々蓄積される検索履歴や趣味嗜好の情報、行動データに加え、年齢、遺伝子情報、病歴、医療費、犯罪歴、納税額――。私たちの個人情報から、AIが「生きる価値がある人間」と「生きる価値がない人間」を選別する。大量殺戮が始まるまで、あと数時間。天才AI開発者は、その悲劇を止められるのか。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/14
    連載誌/レーベル
    講談社文庫

    レビュー

    • AI崩壊2020/05/02Posted by ブクログ

      久しぶりに素敵な本に巡り会えたと思う。
      作者の書き方がよみやすく、ファンになりました!
      これからの作品も期待

    • AI崩壊2020/09/20Posted by ブクログ

      映画『AI崩壊』は2030年の日本を舞台としたSF作品。画期的なAI「のぞみ」が治療や自動車の自動運転を担っていた。ところが、そのAIが突然暴走し、命の選別を進めようとする。浜口倫太郎『AI崩壊』(講...

      続きを読む
    • AI崩壊2020/12/13Posted by ブクログ

      終盤の富永氏の描写での""正義こそが天使にも悪魔にもなる""という言葉が印象的だった。
      現代でもAIが人を支配する、生活を脅かすと言われることがある。もしそうなったとしても、その状況を作り出した開発者...

      続きを読む
    開く

    セーフモード