【最新刊】日本の民俗宗教

日本の民俗宗教

松尾恒一

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「日本独自の文化・伝統」はどのようにして生まれたのか。天皇のもと稲作中心に営まれた古代日本社会に、中国大陸から仏教が伝来して以降、さまざまな文化との交流、混淆、対立が繰り返される。大嘗祭、祇園祭り、盆踊り、元寇、ねぶた祭り、南蛮貿易、寺請制度、かくれキリシタン。古代から現代まで、数々の外来の文化の影響を受けて変容し形成された日本の民俗宗教を、歴史上の政治状況、制度の変遷とともに多角的に読み解く。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/15
    連載誌/レーベル
    ちくま新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/09Posted by ブクログ

      <目次>
      第1部  仏教伝来と天皇【古代】
       第1章  仏教伝来以前~天皇と稲の祭り
       第2章  鎮護国家の仏教と列島の景観
      第2部  浄土への希求、国難と仏教・神道【中世】
       第3章  民衆の仏教へ...

      続きを読む

    セーフモード