だから荒野

桐野夏生

850円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “家族”という荒野を生きる――。そこにある、孤独と希望。新聞連載時、大反響を呼んだ話題作。こんなにいとも簡単に夫と息子を捨てられるとは。会社員の夫と、大学生と高校生の息子たちとともに東京の郊外で暮らす主婦・朋美。日々家庭を支えてきた苦労を理解しようともせず、夫はその場しのぎの言葉ばかり、息子たちは「キモいおばさん」扱い。46歳の誕生日、朋美はついに反乱をおこす。自分を軽んじる、身勝手でわがままな家族たちとの決別。レストランの席を立って、夫の愛車で高速道路をひた走る――。家出した妻より、車とゴルフバックが気になる夫をよそに、朋美はかつてない解放感を味わうが……。解説・速水健朗※この電子書籍は2013年10月に毎日新聞社より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    38
    5
    4
    4
    16
    3
    12
    2
    5
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/01/25Posted by ブクログ

      主人公が自分と同じような立場だったので共感でき、一気に完読

      冒頭のレストランでのストーリーでグッと引き込まれ、これから主人公がどうなっていくのか知りたくてどんどんと読み進めることができた

      荒野の意...

      続きを読む
    • 2018/08/02Posted by ブクログ

      男はどこまで行ってもバカだし、女は強い!夫婦両方の視点から書かれてはいるが、どうしても朋美の方に感情移入してしまうし、応援してしまう。とても面白かった。

    • 2017/02/13Posted by ブクログ

      道中のシーンが、思ったより少なかったかな?

      会う人皆さん、ヒトクセある人物ばかり。親切なだけのヒトはいなかった。

      ダンナさん、赤ベンツは・・・。

    開く
    [{"item_id":"A002268854","price":"850"}]

    セーフモード