【最新刊】アンソロジー 隠す

アンソロジー 隠す

大崎梢/加納朋子/近藤史恵/篠田真由美/柴田よしき/永嶋恵美/新津きよみ/福田和代/松尾由美/松村比呂美/光原百合

799円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    冒険、ミステリー、人間ドラマ、恋愛……。11人の人気女性作家が同じテーマに挑む短編小説集!誰しも、自分だけの隠しごとを心の奥底に秘めているもの――。実力と人気を兼ね備えた11人の女性作家たちがSNS上で語り合い、「隠す」をテーマに挑んだエンターテインメントの傑作!『アンソロジー 捨てる』に続く「アミの会(仮)」が送る、注目シリーズ第2弾。多彩な物語すべてに、共通の「なにか」が隠されています。(答えが掲載されている「あとがき」は、最後にお読みください)これが、本物の短編小説集。※この電子書籍は2017年2月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/07
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • アンソロジー 隠す
      2020/10/09

      最近アンソロジーにハマっていて、思わず Kindleでダウンロードしてしまいました。

      12作家さんいずれも隠すが巧く表現されて、楽しめました。

      隠すものは様々で、犯行動機、証拠品、心の内、亡骸、生...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • アンソロジー 隠す
      2020/07/31

      気になる作家さんが沢山。読み応えがあった。
      アンソロジーは知らない作家さんとの出会いがあるから好き。個人的に新津きよみ「骨になるまで」松村比呂美「水彩画」がよかった。

      Posted by ブクログ
    • アンソロジー 隠す
      2020/06/05

      11名の女流作家たちが一つのテーマで物語を紡いでいます。近藤史恵、松村比呂美、光原百合の作品が良かったし怖かった。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード