【最新刊】豊臣家臣団の系図

豊臣家臣団の系図

著者:菊地浩之

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    豊臣の家臣団を「武断派・文治派」の視点で分析。「武断派」は「小六・二兵衛・七本槍」の3世代別に解説。本流「文治派」についても詳説し、知られざる豊臣家臣団の実態に迫る。家系図多数掲載。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/09
    連載誌/レーベル
    角川新書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 豊臣家臣団の系図
      2020/06/15

      豊臣家に臣従したことのある武将を仕え始めた年代により各世代に分け、その系譜を姻戚関係を主にして解説してある。かなりマイナーな武将も項目として取り上げられている。豊臣家が滅ぼされたこともあってその家臣の...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 豊臣家臣団の系図
      2020/01/08
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 豊臣家臣団の系図
      2021/04/14

      信長の家臣が秀吉の家臣になり、家康の家臣になっていくさまが、婚姻関係からも説明されているのが面白い。当たり前と言えば当たり前だが、時代の変わり目が忠実に反映されている。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード