人生100年時代の「幸せ戦略」―全国2万人調査からみえる多様なライフデザイン

編:株式会社第一生命経済研究所 著:宮木由貴子 著:的場康子

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ●2万人の調査でわかった、QOLを高め、自分らしく幸せに生きるための手がかり満載!●令和は「ライフデザイン3.0」の時代●QOLを高め、幸せに生きるための人生資産は「健康」「お金」「つながり」人生100年時代、平均寿命が延びることで「家族」「仕事」「つながり」「消費」「健康」などの価値観は変化している。それにもかかわらず、旧来のいわゆる「幸せ」に縛られている人は多いだろう。多様性の時代に、いかにQOL=生活の質を高めて、幸福に生きるか。それには「健康」「お金」「つながり」、3つの人生資産の備えがカギとなる。本書では、最新の意識調査をエビデンスに、さまざまな切り口やキーワードで、自分らしく生きるための「幸せ戦略」を提案する。<トピック>・SNS婚のリアル・幸せな夫婦の条件・テクノロジーや海外人材は脅威?・40代からの学び直し・「近所づきあい」する? しない?・何のためのSNS?・つながり“ぼっち”・本当に“モノ”より“コト”なのか・経済状態と幸せの関係・「つながり」は健康を補完する・「人生100年時代」の高齢期とはなど

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード