【最新刊】What We Want

What We Want

オキシタケヒコ

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    《汎銀河通商網》とファーストコンタクトを果たした人類は、あっという間にアメリカ合衆国を巻き上げられた。二十年後、ただ一人地球に生還したアメリカ人スミレは、商人として異星人トリプレイティとともに宇宙の荒波に漕ぎ出してゆく……第2回創元SF短編賞最終候補作を単独電子化。「プロメテウスの晩餐」で第3回創元SF短編賞優秀賞受賞、『筺底のエルピス』で注目を集める著者の真骨頂たる、コメディにして本格スペースオペラ! イラスト=鷲尾直弘 *本電子書籍は、『原色の想像力(2)』(創元SF文庫版 2012年3月23日初版発行)に収録の「What We Want」のみを電子書籍化したものです。『原色の想像力(2)』全ての電子書籍版ではございませんのでご注意ください。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/07
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • What We Want2013/03/31Posted by ブクログ

      第二回創元SF短編賞の最終候補作を集めたアンソロジー。
      前回と比べると面白い作品が揃っている印象。

      ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

      ●空木春宵「繭の見る夢」

      高校古文で目にすることもある「虫愛づる...

      続きを読む
    • What We Want2012/05/11Posted by ブクログ

      前作と比較して、作者の一言が追加されていた

      1.繭の見る夢
       SFというよりファンタジー。実は女という設定含め、必要?という設定がある。
      前半は筆力があって読ませるが、肝心のコトノハグライが出てくる...

      続きを読む
    • What We Want2012/04/01Posted by ブクログ

      第2回創元SF短編賞の最終候補作から七編と受賞者の新作。
      なんだか、1の時はなんか、もやもやする作品が多かったのですが、2はしっくりくる感じでした。自分の好みの話が多かったってことなのか。
      プロの作家...

      続きを読む
    開く

    セーフモード