【最新刊】江戸前エルフ 3巻

江戸前エルフ

樋口彰彦

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

東京都中央区月島。江戸時代より400年以上の歴史を刻む『高耳神社』。祀られたるそのご神体は、異世界から徳川家康に召喚され、すっかりひきこもったエルフのエルダでした。ネット通販のおとりよせスイーツに歓喜したり、昔ながらの遊びに興じたり、氏子の皆様に甘やかされたり、麗耳様と呼ばれる雅なエルフが遊びにきたり。江戸時代より東京をずっと見守り続ける女神は、変わらぬ明日の平和を祈っています。

続きを読む
ページ数
163ページ
提供開始日
2020/10/16
連載誌/レーベル
少年マガジンエッジ
出版社
講談社
ジャンル
少年マンガ
  • 江戸前エルフ 全 3 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    江戸前エルフ 全 3 巻

    1,980円(税込)
    19pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 1巻2019/11/27Posted by ブクログ

    現人神ならぬ現エルフ神(?)の、変わらない日常。

    エルフ――、ファンタジーではすっかり定番となった種族ですね。
    長くとがった耳介、ほっそりとして美しい四肢、森に住んだり住まなかったりするけれど、とに...

    続きを読む
  • 3巻2020/11/11Posted by ブクログ

    ふたりを横目に見守って、見守られるエルフもこれで三人目(?)

    神様エルフ「エルダ」とお世話巫女「小糸」の日常は相も変わらず楽しくて。
    三巻となれば、真に日常的なエピソードを深める頃合いということで、...

    続きを読む
  • 2巻2020/05/04Posted by ブクログ

    エルフの神の横顔と、富士の高嶺は変わらない。

    さかのぼること四百年前、徳川家康に呼び出されたことで、江戸開府に前後する四百年に及ぶ歴史を見つめてきたひきこもりエルフ「エルダ(以下略)」。
    彼女が座す...

    続きを読む
開く

セーフモード