【最新刊】最後の秘境 皇居の歩き方

最後の秘境 皇居の歩き方

1冊

竹内正浩

1,683円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。古地図と独自資料で迫る、誰も知らない皇居。江戸城築城から約600年。徳川将軍家の居城として、江戸文化の中心地として、明治維新の舞台として、太平洋戦争時の大本営として、戦後日本を見守る象徴として、皇居は日本の歴史の中心でした。深いお濠と神秘的な森に囲まれた「日本最後の秘境」に、歴史探訪家の竹内正浩氏が迫ります。本書では、皇居を5つの章「皇居東御苑」「皇居外苑(皇居前広場)」「宮殿・宮内庁(西の丸)」「吹上御苑」「北の丸」に分け、それぞれの建築物や遺構が持つ歴史や由来を解き明かします。さらに、まだ誰も目にしたことがない「皇居詳細地図」を収録。いくつかの建築物や遺構の存在や場所は、本邦初公開です。天守台はもう2m高かった中雀門の石垣の150年前の本丸火災の跡徳川家は富士見櫓から花火を見物した昭和天皇も「うるさい」と頭をかかえた午砲台跡伏見櫓にあった血染めの畳田安門と清水門の鬼瓦に残る葵の御紋「たけ橋」ではなく「みたけ橋」になった深い理由千鳥ヶ淵のベンチは高射機関砲座だった――本書には、そんな皇居の秘密が満載です。ぜひ本書を片手に皇居を歩いてみてください。歴史の息吹がよりリアルに感じられるはずです。

    続きを読む
    ページ数
    275ページ
    提供開始日
    2019/11/08

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード