ライオンのおやつ

著:小川糸 イラスト:くのまり

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人生の最後に食べたいおやつは何ですか――若くして余命を告げられた主人公の雫は、瀬戸内の島のホスピスで残りの日々を過ごすことを決め、穏やかな景色のなか、本当にしたかったことを考える。ホスピスでは、毎週日曜日、入居者がリクエストできる「おやつの時間」があるのだが、雫はなかなか選べずにいた――食べて、生きて、この世から旅立つ。すべての人にいつか訪れることをあたたかく描き出す、今が愛おしくなる物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      2020年本屋大賞第2位。
      読んでいると、優しく柔らかいもので包まれる心地よさがあった。マッサージを受けたり、お風呂に入る感じに似ている。

      余命を宣告された33歳の海野雫。抗ガン治療で苦しんだ末に選...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      主人公はステージ4のガン患者だと聞いた時点でしばらく躊躇していた。

      ガン患者が身内にいるとそういうもんです。しばらく読みたくなかったが、つるっと読んでしまいしかも途中で止まらなくなって人前で泣く羽目...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      テレビで特集されていたので購入。
      読んでいて最初に思ったことは、余程多くの取材を行なったのかなと印象でした。その人だけにしかわからない心境が丁寧で多く語られていて、第三者から見ると、複雑であることを知...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002264669","price":"1650"}]

    セーフモード