【最新刊】ゆめつげ

ゆめつげ

1冊

著者:畠中恵

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸は上野の小さな神社で神官を務める、のんびり屋の兄・弓月としっかり者の弟・信行。夢に入って過去や未来を見る「夢告(ゆめつげ)」が得意な弓月だが、迷い猫を捜せば、とっくに死んで骨になった猫を見つけるという具合で、全く役に立たないしろもの。が、何を見込まれたか、大店の一人息子の行方を見てほしいという依頼が! 礼金に目が眩み弟をお供に出かけたものの、事態は思わぬ方向に転がって……。大江戸・不思議・騒動記!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/18
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    3.5
    140
    5
    15
    4
    56
    3
    59
    2
    9
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/06/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/12/26Posted by ブクログ

      しゃばげシリーズのように入り込めるか?と思いきや。。
      なんとなく、読むのに苦労をした。
      そして、読んでいるうちに、宮部みゆきさんの作品だっけか?と、錯覚を幾度となくした。
      なんでだろ??

      最後の最後...

      続きを読む
    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      札差しの本当の子どもをみつけてほしいと頼まれた、夢占のできる禰宜弓月が、いつのまにやら大きな陰謀に巻き込まれてゆく。
      しかし、畠中さんの主人公はだいたいか弱いが、キップは半端ないな。こちらが連続して読...

      続きを読む
    開く

    セーフモード