【最新刊】4000万人の購買データからわかった! 売れない時代にすぐ売る技術

4000万人の購買データからわかった! 売れない時代にすぐ売る技術

1冊

著:大原昌人

1,386円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    4000万人という日本最大級の「購買データ」を毎日分析しつづけ、「楽天スーパーSALE」で1週間に683億円という過去最高益を叩き出した大原氏によると、売上を伸ばせない最大の理由は「売上の正体」を知らないからだと言います。売上=「訪問数」×「転換率」×「客単価」これが、「売上の正体」です。これを知らずにがむしゃらに売上を伸ばそうと思っても、効果に直結することはありません。もっというと、売上が出ない人の典型的なパターンは、「お客がこないから売れない」「安くしないから売れない」など、「訪問数」や「客単価」を間違えているから売れないと「勘違い」していること。本当に改善すべきは圧倒的に「転換率」にあると指摘しています。転換率=「商品を見たお客(訪問数)のうち何人が買ってくれたかという確率(%)」大原氏は4000万人の購買データを分析しつづけ、ちょっとしたことに意識を向けるだけで、誰でも転換率が上がる方法を突き止めました。ちなみに、楽天の「肝」ともいえる購買データの閲覧が許されていたのは、社員のほんの1%にも満たないごく一部の人のみ。その情報が通常、表舞台に出ることはまずありえません。そんな貴重なデータが私たちに示してくれた「超具体的なノウハウ」とはいったいどんな方法なのか?それだけでもビジネスマンなら読んでおきたい貴重な一冊です!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/28

    レビュー

    5
    2
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/26Posted by ブクログ

      データが重要
      zの視線は間違いだった。左の下から。

      売り上げ=訪問数X転換率(買ってくれる割合)X客単価
      転換率は向上させやすい

      キャッチコピー:
      季節やトレンド
      用途
      商品の魅力を伝える形容詞
      ...

      続きを読む
    • 2019/11/25Posted by ブクログ

      実用的な内容だったと思う。
      ECサイト特にブランディングをメインにしたものではなく、楽天なので商人心が強いサイトには向いている内容と思った。
      本の出版が2019年なので、時代を考慮せず、すぐに使えるの...

      続きを読む
    • 2019/10/20Posted by ブクログ

      ビッグデータからの分析による示唆に富んだ内容だった。
      マーケティングの大前提であるSTPを忘れず、データによる根拠を持って施策を検討すべきだと改めて思った。

    セーフモード