【最新刊】つみびと

つみびと

山田詠美 著

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    灼熱の夏、彼女はなぜ、幼な子二人をマンションに置き去りにしたのか。追い詰められた母親。死に行く子供たち。無力な受難者の心の内は、小説でしか描けない。痛ましいネグレクト事件の深層に、何があったのか。本当に罪深いのは誰――各新聞、雑誌、ウェブ媒体でも話題沸騰!虐げられる者たちの心理に深く分け入る迫真の衝撃作。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/31
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • つみびと2019/08/22Posted by ブクログ


      大阪二児置き去り事件がもとになっているというフィクション。
      〈母・琴音〉、〈娘・蓮音〉、〈小さき者たち〉のパートに分かれている。
      先に事件のことを少し調べてから読んだこともありすぐに入り込めたが、最...

      続きを読む
    • つみびと2020/01/26Posted by ブクログ

      図書館で借りました。
      大阪の実際にあった事件を元に書かれた小説です。

      うーん…。
      子供たちを叱ってから読むには辛いものがある作品でした。
      決して愛していない訳ではなく、むしろ愛したいのにどうしたらい...

      続きを読む
    • つみびと2019/08/02Posted by ブクログ

      大阪二児虐待事件に着想を得たというこちらのお話。新聞で紹介されており、かつては山田詠美のラブロマンスのファンだった自分と、元児童養護施設の職員として、こちらの事件をきっかけに保育者のコミュニケーション...

      続きを読む
    開く

    セーフモード