【最新刊】はんぶんのユウジと

はんぶんのユウジと

1冊

壇蜜

1,300円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    絶妙な毒とユーモアで贈る、待望の連作短編小説新婚早々見合い結婚した夫を亡くし、悲劇の未亡人というレッテルを貼られたイオリ。悲しむこともできず、夫の遺骨と暮らし始めるが。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/25
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/29Posted by ブクログ

      はんぶんが遺骨とは。よく見れば表紙も骨壺だ。友人が亡くなった時、妻と両親が遺骨を奪いあったのを思い出した。そのケースとは違って、この作品の内容はほのぼの。最後があまりに予定調和のハッピーエンドで鼻白ん...

      続きを読む
    • 2020/01/26Posted by ブクログ

      お見合いでユウジと結婚したイオリ。しかし、ユウジは結婚後すぐに亡くなってしまう。周囲が思うほど悲しめないイオリ。ユウジの実家と骨を半分ずつ分けイオリは遺骨と暮らし始める。イオリのお話と二人の周辺の人た...

      続きを読む
    • 2019/12/19Posted by ブクログ

      壇蜜さんの分身のような女性と男たちが、紡ぐ不器用な恋の話。5つの短編で一つの物語になっている、凝った構成だが、不自然な感じはしない。人物描写がまだまだな感じ。壇蜜に包まれ感じを味わえた。

    開く

    セーフモード