【最新刊】都会で着こなす世界の民族衣装

都会で着こなす世界の民族衣装

1冊

主婦の友社

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。世界30ヵ国の民族衣装を"都会で着こなす"をテーマにビジュアルで楽しむ!民族衣装が語る気候や習慣、ルーツも解説。不便だったり手間がかかったりする中で、なぜその形や柄、素材になったのか。そこには必ず理由があり、その土地の気候や習慣、文化背景が必然的に絡んでいるからこそ、人々は「民族衣装」に魅了されます。"古いもの" “伝統的なもの"がまた注目され、民族衣装にインスパイアされたデザインが人気を集めるなか、トライバルやエスニックファッションに興味を持つ人に本物を知ってもらいたい。ルーツや当時の想いに馳せて、何気なく着ていた服たちを改めて見つめ直すきかっけになれば。本書は、"都会で着こなす"をキーワードに東ヨーロッパ・アジア・中南米・中近東&アフリカの世界各国から民族衣装を厳選。現代でも違和感なく着こなせるスタイリングのコツも合わせてご紹介します!HAFA、谷崎聖子さん、東欧民芸クリコ、グランピエ、SOLOLAなど民族衣装に魅了される7名に取材。民族衣装との出会い、魅力にも迫ります!

    続きを読む
    ページ数
    163ページ
    提供開始日
    2019/10/26

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/23Posted by ブクログ

      世界のかわいい衣装
      東欧・バルト三国 やさしい冬時間

      国立民族学博物館のコレクション展示
      阪急でやってたので行ってきました
      ギャラリートーク
      池谷和信 国立民族学博物館
      衣服の持つ意味
      ー社会的(身...

      続きを読む
    • 2019/11/18Posted by ブクログ

      民族衣装が大好きなのでツボにはまった。「都会で着こなす」はさておき、現地の写真が多く載っておりそれを見るだけでも楽しい。着るたってどうやって調達するんだよ、と思ったところにきっちり店が紹介されるのでう...

      続きを読む

    セーフモード