終の航路

終の航路

カサンドラ・モンターグ 翻訳:新井ひろみ

1,210円(税込) クーポン利用で710円獲得へ
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 710(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/04/30 23:59 まで有効

獲得

必ず生き延びる。飢えても、騙しても、殺しても。 海面が上昇し、陸の大部分が水没した近未来。生き別れの娘を救うまで、残された時間はあとわずか――海面が上昇し、陸の大部分が海に沈んだ2130年。マイラは小舟で島を転々としながら、生き別れの娘ロウを捜している。7年前、身重のマイラを置いて、夫は娘だけを連れて逃げた。あるとき、その娘が北の辺境で生きていることが判る。そこは武装集団の支配下にあり、年頃になった少女達は一斉に“繁殖船”に乗せられるのだという。マイラは一路北の果てへ向かった――すべてを賭け、娘を救うために。

続きを読む