夫のトリセツ

黒川伊保子

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本中の夫と妻に大反響を巻き起こしている『妻のトリセツ』。「次はぜひ夫編を」読者の熱い声に応えてついに登場。「話が通じない」「わかってくれない」「思いやりがない」「とにかく気が利かない」……腹立たしい夫を見捨てる前にこの一冊。今度は脳科学から男脳を解明。夫婦70年時代のバイブル。第1章 神は、夫婦を別れさせようとしている第2章 使えない夫を「気の利く夫」に変える方法第3章 ひどい夫を「優しい夫」に変える方法第4章 脳とは、かくも厄介なものである…………………………………………………第3章 ひどい夫を「優しい夫」に変える方法「愛は『してもらう」ことで稼ぐ」より「私は、男性にはよく『ウルトラマンの妻になったところを想像してみて』と言う。ウルトラマンである。何万光年のかなたの、知らない星の子どもの命を救いに、命がけで出かけちゃうんだ、この夫は。妻としてはわけがわからないが、それが、男の使命だと言うのなら、行ってらっしゃい、である。地球に3ヵ月の単身赴任。そんなことで、妻は絶望したりしない。妻がウルトラマンに絶望するのは、ウルトラマンが弱みを見せないから。たまに帰ってきて、黙ってご飯を食べて、また出かける。それでは、自分がここにいる理由がない。彼の人生から締め出されたような気持になってしまうだろう。ウルトラマンは、妻に弱音を吐かなくちゃ。『今日、ゼットンにここ蹴られて、痛かったの』くらい言って甘えればいいのだ。『大丈夫? うるちゃん、ふぅふうしてあげるね』『ありがとう。きみのおかげで、僕はまた戦えるよ』そんなふうに心を通わすことができれば、妻にとって、夫はかけがえのないものになっていく。ほらね、愛は、してくれることよりも、してあげることで強まるのである。子どもがかけがえがないのは、命を与え、食べさせ、世話をし続けるからだ。猫がかわいいのは、手がかかるからだ」

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    30
    5
    13
    4
    7
    3
    7
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/02/27Posted by ブクログ

      細かい もやもやはありましたが
      最後には
      「夫婦とは続けるという気持ちがあってこそ成り立つ」
      という思いを新たにし
      これからも頑張りたい と思う本でした

    • 2020/02/23Posted by ブクログ

      うんうん、男(自分)って確かにそういうとこあるね、と何度もうなずかされる。ぜひ妻にも読んでもらいたい(既に読み始めているが)。
      妻のトリセツ、夫のトリセツを読んで、脳科学的には男女間のすれ違いとかいざ...

      続きを読む
    • 2020/02/21Posted by ブクログ

      妻のトリセツが面白かったのでこちらも読了。
      男性脳の仕組みがわかった。妻のトリセツの方は自分と当てはまるのでそうそう、と読み進めたが、こちらはえーそうなんだ、そういうことか、、と新たに知ることが多く勉...

      続きを読む
    開く

    セーフモード