【最新刊】大きな鳥にさらわれないよう

大きな鳥にさらわれないよう

川上弘美

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    遠い未来、衰退の危機を認めた人類は、「母」のもと、それぞれの集団どうしを隔離する生活を選ぶ。異なる集団の人間が交雑することにより、新しい遺伝子を持ち、進化する可能性がある人間の誕生に賭けー。かすかな希望を信じる人間の行く末を、さまざまな語りであらわす「新しい神話」。泉鏡花文学賞受賞作はるか先を静かに見通し、慈しみ深く描いた未来の人類史

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/16
    連載誌/レーベル
    講談社文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 大きな鳥にさらわ...2019/11/03Posted by ブクログ

      短編集であるけれど、すべての話は一つにつながっている。

      章が変わるたびに、ものすごく強い引力に引っ張られ、別世界に連れて行かれる。最初は戸惑いながらも、やがて探究心が芽生えて、もっといろんな世界へ連...

      続きを読む
    • 大きな鳥にさらわ...2020/05/02Posted by ブクログ

      最初は、なんだか気持ち悪い話だな、と読みながら思っていた。今私が生きている世界と似ているけど確実に違う、異様な感じ。人間、という言葉を登場人物がよく口にしていたことから、この子たちは人間ではないのか、...

      続きを読む
    • 大きな鳥にさらわ...2019/12/04Posted by ブクログ

      「ぼくの死体をよろしくたのむ」以来に川上弘美さんの作品をよんだ。
      うーん難しい、どういうこと?という感覚をもちながらも章を読み進めていくと、いつのまにか遠いところまで来てしまった..未来のような、過去...

      続きを読む
    開く

    セーフモード