【最新刊】阪神タイガース 1985-2003

阪神タイガース 1985-2003

中川右介

1,155円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    バース・掛布・岡田・真弓で空前のブームを巻き起こし、日本一に輝いた1985年。だがその後の道は多難だった。「ダメ虎」の強烈な印象を残した1980年代末の暗黒期、終盤までヤクルトとの死闘を演じた1992年の一瞬の輝きを経て、再び長い90年代後半暗黒時代へ。そして野村監督時代という夜明け前を経て、突然やってきた2003年の星野阪神の栄光。とかく印象論で語られがちな人気チームの歴史を、記録と報道された事実をベースにして再構成する。ファン必携の「正史」。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/18
    連載誌/レーベル
    ちくま新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/01Posted by ブクログ

      バース掛布岡田の1985年から星野監督までの長い阪神タイガースの暗黒時代。ドラフトの失敗とお約束のお家騒動。負の部分を淡々と描く。

      40代後半の自分にはちょうどリアルタイムで重なる期間の記録。199...

      続きを読む
    • 2019/11/05Posted by ブクログ

      ただただたんたんとクロニクル。調子の良かった年はやや詳細に。それでやっぱり調子の良かった年の場面場面はよく覚えているのだった85年92年。

    セーフモード