【最新刊】トマス・ピンチョン帝国、戦争、システム、そして選びに与れぬ者の生

トマス・ピンチョン帝国、戦争、システム、そして選びに与れぬ者の生

1冊

著:永野良博 監修:諏訪部浩一

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ピンチョンが描き出す越境的彷徨の軌跡『V.』『メイスン&ディクスン』『重力の虹』等ピンチョンの長編、中編作品のなかで扱われる、越境的な想像力が描き出す近代化と現代の様相を読み解く。また、主流派から排除された選びに与れぬ者たちの系譜とシステムに抗う生について論じる。巻末には、簡明な説明を付した、豊富な文献リストを掲載。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/11
    出版社
    三修社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/20Posted by ブクログ

      おすすめ資料 第492回 あたらしいアメリカ文学作家論(2019.12.20)

      アメリカ文学作家論のあたらしいシリーズの刊行が始まりました。

      2019年に「カート・ヴォネガット」ほか計3冊が刊行さ...

      続きを読む

    セーフモード