【最新刊】悩めるローマ法王 フランシスコの改革

悩めるローマ法王 フランシスコの改革

秦野るり子 著

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    就任当初は貧者に寄り添う姿勢などから高い評価を得、米フォーチュン誌が「世界で最も偉大な指導者」に選んだフランシスコ。しかしその改革路線、重要な教義変更は支持層と反対派の亀裂を招き、金銭スキャンダルや性的虐待の問題も起き混乱が生んでいる。フランシスコのもと、カトリック教会はどこへ向かおうとしているのか。バチカンの内部事情に詳しい著者の力作。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/11
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      めちゃくちゃ面白かった!バチカン好きにはお勧め。ヨハネパウロ、ラツィンガーと現フランシスコの比較もあり。現在抱える各種問題についてもしっかりとした取材の元に記されており、素晴らしいです。この著者は読売...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      第1章 フランシスコ法王の誕生
      第2章 法王とは、バチカンとは
      第3章 ホルヘ・ベルゴリオからカトリック教会の頂点へ
      第4章 なぜ、フランシスコなのか
      第5章 挑んだ改革
      第6章 バチカン銀行の闇
      ...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりに来日する法王となったフランシスコ。その虚像と実像を捉えバチカンのゆくえを縦横に描いた注目作

    セーフモード