【最新刊】銀の匙

銀の匙

中 勘助/安野 光雅

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    安野光雅が描く、自らの幼少期の思い出と、少年の目でとらえた美しい世界。漱石が絶賛した日本文学の不朽の名作が、心に残る情景とともによみがえる。「本だけは子どものころの続きだった。はるかむかしのことになった今でも、おもいだすのはきのうのことではなく、少年時代のことである。」――安野光雅古い茶箪笥の抽匣から銀の匙を見つけたことから始まる、伯母の愛情に包まれて過ごした幼少期の日々を綴った自伝的作品。安野光雅によって情感豊かに描きだされた子どもの内面世界は、誰しもの心にある郷愁、幼き日のさまざまな感情を思い起こさせる。作:中 勘助1885年、東京に生まれる。小説家、詩人。東京大学国文学科卒業。夏目漱石に師事。漱石の推薦で『銀の匙』を『東京朝日新聞』に連載。主な著作に小説『提婆達多』『犬』、詩集に『琅カン』『飛鳥』などがある。絵:安野光雅1926年、島根県津和野町に生まれる。BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞などを受賞。1988年紫綬褒章、2008年菊池寛賞、他を受賞。2012年、文化功労者に選ばれる。主な著作に「『旅の絵本』シリーズ(全9巻)」(福音館書店)、『本を読む』(山川出版社)、『小さな家のローラ』(小社刊)などがある。2001年、津和野町に「安野光雅美術館」、2017年、京丹後市の和久傳ノ森に「森の中の家 安野光雅館」が開館。

    続きを読む
    ページ数
    227ページ
    提供開始日
    2019/10/10
    出版社
    朝日出版社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/05/22Posted by ブクログ

      銀の匙は中勘助が書いた小説。中勘助の自伝的小説だそうだ。
      明治43年に前編が執筆され後編は大正2年1913年に執筆された。
      文章が美しく、当時をしらない自分にも郷愁を抱かせる描写がすばらしい。

      東京...

      続きを読む

    セーフモード