【最新刊】悪魔を憐れむ

悪魔を憐れむ

著:西澤保彦

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    けっして手を下さず、だが、死に至らしめ、捕まることも、ない。ウサコは電撃結婚、タカチは安槻へ一時帰還、ボアンは女子高の国語教師に!?読み応えたっぷり! ミステリの魔術師・西澤保彦の匠千暁シリーズ最新作! 「先生がその時間に校舎の五階から跳び降り自殺するから見張っていてほしい」。大学OBの居酒屋店主からそう頼まれた匠千暁は、現場で待機していたにもかかわらず、小岩井先生をみすみす死なせてしまう。老教師の自殺の謎を匠千暁が追い、真犯人から「悪魔の口上」を引き出す表題作。平塚刑事の実家の母屋で二十三年間にわたって起こる午前三時に置き時計が飛んできてソファで寝ている人を襲う心霊現象【ルビ:ポルターガイスト】の謎と隠された哀しい真実を解く「無間呪縛」。男女三人が殺害された殺人現場で被害者二人の首と手首だけが持ち去られゴミ集積所に打ち捨てられていた事件、犯人の奇妙な動機を推理する「意匠の切断」。ホテルの九階に宿泊する元教職者がなぜかエレベータを七階と十二階で降りた……殺人事件の奇想天外なアリバイ工作を見破る「死は天秤にかけられて」。四つの珠玉ミステリ短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/09
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2019/10/21Posted by ブクログ

      久しぶりのタック&タカチ、なつかし〜
      おぉ、まさかこんな事になってるとは。
      今回は短編集。
      それぞれの時が流れたって感じの近況でした。

    • 2020/05/13Posted by ブクログ

      久しぶりの新刊。
      シリーズの中でも時系列は前後してきたが、
      読者にとって「時間が流れたなぁ」と感じる新刊。

      短編集だが、どれも小粒な印象。表題作を除いては。
      「まぁそういう風にも考えれるよね」的な、...

      続きを読む
    • 2019/10/16Posted by ブクログ

      文庫化。
      単行本が出た当時、何年ぶりかのシリーズ新刊ということで話題になっていたような記憶がある。そういえば暫く出ていなかったなぁ……。
      懐かしいような、新鮮なような感覚だった。登場人物の時間もそれな...

      続きを読む

    セーフモード