【最新刊】メイデーア転生物語 3 扉の向こうの魔法使い(上)

メイデーア転生物語

著者:友麻碧 イラスト:雨壱絵穹

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『何度生まれ変わっても、俺はお前を必ず殺す』かつてそう告げて“前世”の自分を殺した金髪の男と、巡り会うマキア。フレジール皇国の将軍カノンと名乗る、その男の転生を恐れるマキアをよそに、救世主アイリと守護者の旅立ちに向けて、ルスキア王国に同盟諸国の王たちが集おうとしていた。 いっぽう魔法学校では、第一学年最後の班課題が発表される。マキアたちの班も高評価を目指して活動をはじめるのだが、留年生のフレイがいつになく上の空で……? 落第王子の想いが解かれたとき、“メイデーア”の運命の扉が開く。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/12
    連載誌/レーベル
    富士見L文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • メイデーア転生物語 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      メイデーア転生物語 全 3 巻

      2,156円(税込)
      21pt獲得

    レビュー

    • 2020/05/28Posted by ブクログ

      良かった。
      友麻さんが書くキャラクターが好きなのかも。

      マキアとトールは今切ない距離感にいるけれど、徐々に幸せに向かっていってほしい。

      2巻も出ていることだし、仕事帰りに買ってこようと思う。

    • 2020/08/04Posted by ブクログ

      美少女魔女やらイケメン騎士,学園もの+王宮もの,さらにパラレルワールドと1巻から乗りに乗ってる感じで,どんどん面白そうになる予感.伝説や歴史に何やらきな臭いところもありそうで,次巻が楽しみ.

    • 2020/08/17Posted by ブクログ

      作家さん買いです。
      登場人物の背景が色々わかってきた3巻です。

      トールも実は思い出していたりするのかな?

      次巻でアイリがどっちに転ぶのか?

      ネロとカノンも気になります。

    開く
    [{"item_id":"A002424075","price":"726"}]

    セーフモード