【最新刊】上機嫌な言葉 366日

上機嫌な言葉 366日

田辺聖子

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人生で一番すてきなものは、上機嫌!生きること、恋、人間の面白さ――田辺聖子が生んだ数々の作品から、珠玉の言葉たちをぎゅっと凝縮。人生を面白く愉しむ達人・お聖さんのチャーミングな366の“上機嫌な言葉”。「コセつかず、咎めだてせず、目を三角にしないこと」「相手の知らぬことを言うときは、羞じらいをもっていうべき」「男は犬に似ている」「人間を洞察すると、ゆるすほか、なくなる」「一月 人生をおいしくする」など、月ごとのテーマと、1日ひとことの言葉は、日々の暮らしを豊かなものに見せてくれます。白黒つけない曖昧な部分にこそ宿るオトナの智恵が、硬い頭と心を解きほぐしてくれる、常に傍らに置きたい一冊。※この電子書籍は2009年4月に海竜社より刊行された単行本を、文春文庫より2019年10月に文庫化したものを底本としています。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/09
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/06/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      田辺聖子さんの小説を読んでいると、この言葉をメモっておきたいと思うことがよくある。そんな名言を集めた一冊。やはり、小説などを読んでいる中で出会った方が、言葉だけがピックアップされて独立した形で紹介され...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      2020/1/3 読了

      おせいさんの言葉。
      わたしもそう思う、とゆう言葉がたくさんあり、
      考えていなかった、とゆう言葉もたくさんあり、
      心がけたい、とゆう言葉がたくさん詰まっている。

      年初めに気持...

      続きを読む
    開く

    セーフモード