【最新刊】ひよっこ社労士のヒナコ

社労士のヒナコ

水生大海

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    正しいのは会社のリクツか人情か?新米社労士ヒナコが挑む、本邦初の〈労務ミステリー〉登場。社労士とは――社会保険労務士(国家資格)の略。労働・社会保険問題から年金まで、クライアント企業のお手伝いをする。「退職理由を自己都合から解雇に 変えて!」元社員が怒鳴り込んできた。嫌がらせで異動させられたと言う彼女と会社の主張は平行線、やがて会社の不正が明らかになり……(「五度目の春のヒヨコ」)。 新米社労士の朝倉雛子(26歳、恋人なし)がパワハラ、産休育休、残業代、裁量労働制、労災、解雇、ブラックバイトなどなど、様々な事件で奮闘。読めば心がほっこり、労務問題の勉強にもなる人気シリーズ第1弾!解説・吉田伸子※この電子書籍は2017年11月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/09
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(18件)
    • ひよっこ社労士の...
      2020/12/12

      社労士の物語。どうしても物語になるのはこういう企業になるのだろう。意外と面白く、続編が出ることに期待。

      Posted by ブクログ
    • ひよっこ社労士の...
      2019/11/06

      新米社会保険労務士の朝倉雛子がクライアント企業の悩みを解決しようと奮闘する連作短編集。
      巻末の解説にもあったけど、ディーセントワーク・ガーディアン(労基署)やトッカン(国税徴収官)のようなニッチな専門...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ひよっこ社労士の...
      2020/04/26

      ひよっこ社労士が法律と顧客、従業員のことも考えながら、ベストな状態に持っていきたいと奮闘する小説でした。
      アドバイスを受け入れてくれなかった会社の担当社員(男・担当になったばかり)のいい加減さに呆れた...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード