【最新刊】Pythonで学ぶネットワーク分析 ColaboratoryとNetworkXを使った実践入門

Pythonで学ぶネットワーク分析 ColaboratoryとNetworkXを使った実践入門

1冊

著:村田剛志

3,080円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。さまざまな関係性の構造をPythonで分析する!ネットワーク分析は、さまざまな「関係性」を分析する学問です。構造をモデル化することで、ネットワークという言葉から想像しやすいWebやSNSの分析だけでなく、たとえば感染症の伝搬経路を見つけたり、未来の人間関係を予測したりすることが可能です。マーケティングなどの現場でも使用されています。 本書では、ネットワーク構造をもつデータをPythonで分析するための基礎知識を習得できます。 分析には、Google Colaboratory(クラウド上で使用できるJupyter Notebook環境。Colabとも呼ばれる)を用います。ブラウザ上で動くColabは環境構築が不要なため、すぐに実際にコードを試すことができます。また、可視化ツールとしてNetworkXを使用し、さまざまなネットワークをグラフとして視覚的に把握できます。実際にColabで動かせるプログラムと、そのプログラムによって出力されたグラフを数多く例示しているため、実際にColabでコードを実行しながら理解を深めることができます。データサイエンスを学ぶ学生はもちろん、企業の広報・企画・マーケティング担当者など、顧客の購買行動やソーシャルネットワークの分析などが必要になった社会人にも役立つ一冊です。第1章 分析できる環境を用意する-ツールや言語の把握第2章 ネットワーク分析の流れを知る-小説の人間関係を紐解く第3章 必要な用語を学ぶ-ネットワークの基礎知識第4章 中心を見つける-さまざまな中心性第5章 経路を見つける-ネットワークの探索第6章 グループを見つける-分割と抽出第7章 似たネットワークを作る-モデル化第8章 似た頂点を見つける-将来の構造予測第9章 病気や口コミの広がりをモデル化する-感染、情報伝搬第10章 ネットワークを俯瞰する-可視化による分析第11章 リファレンス

    続きを読む
    ページ数
    207ページ
    提供開始日
    2019/10/04
    出版社
    オーム社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード