「ほめ方」「叱り方」「しつけ方」に悩んだら読む本

著:佐々木正美 著:若松亜紀

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    小さな子どもを育てる親なら、誰もが悩むテーマである「ほめる」「叱る」「しつけ」。雑誌や育児書に書いてあるとおりに試してみたけれどうまくいかない、頭ではわかっているけどその通りにするのはむずかしい……。そんなふうに感じたことのある方に向けて、『こどもへのまなざし』の著者である児童精神科医の佐々木正美が、「子育てのおおもとの考え方」を踏まえた「ほめ方」「叱り方」「しつけ方」をやさしく紹介。さらに、「おおもとの考え方」とあわせて、毎日の育児ですぐに使える子育てのノウハウを、子育てサロン主宰の若松亜紀が具体的に紹介する。子どもが言うことをきかなくてイライラするとき、子どもがちゃんと育っているのか不安に感じるとき、子育てに疲れてしまったときなど、育児に行き詰まるさまざまな場面で、お母さんの助けになるヒントが満載の一冊。子育て中の忙しい時期にもさっと読めて、ほっこり和める育児マンガ入り。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/08/29Posted by ブクログ

      あまりしつけられたり叱られたりした覚えがないので、どうしたらよいかわからず読んでみました。まず、その子の思いをそのまま受けとめて、認めること。子どもと関わるにあたってひとつの指針として持っていたい内容...

      続きを読む
    • 2013/09/15Posted by ブクログ

      ほめる、叱る、しつけること全般に頭を悩ますことが多いのが、育児です。
      ありのままを受け入れることが大切なのはよく分かります。実践するのは、なかなか大変です。育児に悩むママとパパの気持ちの負担が少しだけ...

      続きを読む

    セーフモード