理科の謎、きちんと説明できますか? 文系でもすっきり納得の20話

監修:左巻健男

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    本書は次のような狙いでつくられました。「理科の時間に習ったけど忘れてしまったり、理科の授業では『そんなことは当たり前のこと』と決めつけられていたり、『これを扱ってしまうとややこしくなる』といった理由でスルーされてしまったりして、ずっともやもやしている事柄を解決したい……!」たとえば、電流の直流と交流って、何が違うのか説明できますか? 乾電池では、プラス極、マイナス極があって、電気を使うものをつないだとき、電流はつねにプラス極からマイナス極に流れます。このように、電流の向きや大きさが変化しない電気を直流といいます。一方、コンセントからとれる電気は、ある一定の周期でプラスとマイナスが入れ替わって電流の向きが変化し、電圧もその周期で変化しています。このような電気を交流と呼ぶのです。そのほか本書では、「高気圧だと晴れるしくみ」「惑星はなぜ『惑う星』なのか」などのモヤモヤがすっきりします。理科の謎を楽しみながら納得感の得られる一冊です。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/08Posted by ブクログ

      学校でならった理科の中身って覚えている?

      まあ、ほとんど忘れますね。

      でもこの本を読むとそんな理科の話を思い出しながら身の回りの不思議も解き明かしてくれます。

      面白かったです。

    セーフモード