【最新刊】トヨトミの野望

トヨトミの野望

梶山三郎

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    経済界を震撼させた超問題作奇跡の文庫化。愛知県豊臣市に本社を構える世界的自動車企業、トヨトミ自動車。フィリピンに左遷されていた武田剛平はどん底から這い上がり、社長に昇りつめた。創業家とはなんの関係もないサラリーマン社長はその豪腕で世界に先駆けてハイブリッドカーの量産に挑戦する。いっぽう、創業家出身の豊臣統一は入社以来、豊臣家の七光りと陰口を叩かれながらも、いつの日か武田剛平を越えてやろうと野心を抱いていた。自動車王国アメリカでのロビイング、巨大市場中国の攻略、創業家との確執──世界と戦う企業の経済戦争を描いた衝撃フィクション!◎解説「サラリーマンの自己利益と組織利益の葛藤」――夏野剛(慶應義塾大学特別招聘教授)。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/04
    連載誌/レーベル
    小学館文庫
    出版社
    小学館/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      尾張の本拠地がある超巨大自動車メーカー「トヨトミ」を舞台にした社内政治経済小説。
      まあ、だれがどう考えてもトヨタのことですよね。
      歴代社長のカラーの違いと社内に蠢く派閥政治、天皇家とも称されるトヨトミ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      2020年、トヨトミはコンシューマーエレクトリックショーに出展し、豊臣統一社長は富士山麓の工場跡地に人、建物、クルマなどが情報でつながる実証都市を作ることを表明しました。CASEの流れにおいてもプラッ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

       日本が誇る自動車メーカー、トヨトミの内外の戦いを描く。

       一説によると99%事実らしい。どれだけが事実かは分からないが、グイグイ読ませる面白さがある。出てくる登場人物達がみな魅力的
       本当に企業っ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード