【最新刊】フランス人は、3つの調理法で野菜を食べる。

フランス人は、3つの調理法で野菜を食べる。

上田淳子

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    肉のイメージの強いフランス料理ですが、フランスの家庭料理では、じつに驚くほど野菜をたくさん食べます。 シンプルかつ的確な調理法で、簡単なのに気が利いていてとてもおいしい、というフランス人らしいレシピばかり。 また、たっぷりの野菜に、肉や魚などのちょっとのたんぱく質を合わせた一皿で完結!というのも、最近のフランス家庭のトレンドです。 本書では、フランスのレストランでの修業経験もあり、度々渡仏してきた著者が、現地の料理上手のマダムに教わってきた、極上の野菜料理約80品を紹介しています。 知っておきたい調理のコツは主に3つだけ。 「サラダのドレッシングは“かける”でなく“あえる”」「”ゆでる”でなく“蒸し煮”にする」「少量の水とオイルでオーブン焼きに」。 どれも本当に簡単なのにびっくりするほどのおいしさ。それなのに、食材の組み合わせも見た目も気が利いているので、普段の食事だけでなく、人をもてなすときにもおすすめです。 野菜料理は、ちょっとのコツを知っていれば、驚くほどおいしく仕上がります。 美しいビジュアルに加え、「おいしさ」の理由やテクニックをしっかり解説した、これまでにない野菜料理の決定版です。

    続きを読む
    ページ数
    131ページ
    提供開始日
    2019/10/02

    レビュー

    • 2017/11/17Posted by ブクログ

      3つの調理法とは、サラダ、エチュベ、オーブン焼き、です。
      サラダはドレッシングを「かける」のではなく「和える」。
      エチュベとは(オイル)蒸し煮のこと。

      どれも有元葉子さんとかたなかれいこさんの本で知...

      続きを読む
    • 2019/06/16Posted by ブクログ

      フランス家庭料理の使えるレシピ本。
      「塾弁」の著者さんなんですね。フランス修行経験をお持ちとは素晴らしい。本としてはこのシリーズが好みです。
      私が週一で営業している『にらやBar』のカウンター内でも...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/10/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード