【最新刊】幕末維新改メ

幕末維新改メ

著:中村彰彦

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戊辰150年、その裏側を抉る。「日本の夜明け」に隠れた悲劇の連鎖とは。直木賞作家が亡国の時代に生きた無骨な人々の息遣いを丹念に描く、書き下ろし幕末入門。「明治維新」という言葉に美しさを感じるのは主に西日本の人々で、関東以北の人々にとってそれは「戊辰戦争」の追憶を呼び起こすものであった。一見華やかに見える幕末維新の水面下の状況に焦点を合わせ、そこに秘められた影を明らかにする。西郷を討った男はその後どうなったのか。龍馬を切った男の野望とは。無責任な理想主義を通した薩軍。イメージとは違い、腐敗不正がまかり通り、門閥・身分による差別が歴然としていた長州の奇兵隊。そして山川浩・健次郎兄弟により会津藩松平家が名誉を回復するまで。史料から読み解かれる、もう一つの幕末維新史。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/27
    出版社
    晶文社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード