【最新刊】なぜ、彼らは「お役所仕事」を変えられたのか?

なぜ、彼らは「お役所仕事」を変えられたのか?

1冊

加藤 年紀

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「出る杭は打たれる」と言われる公務員の世界にありながら、業務分野の地味・派手を問わず、自らの信念を貫き、役所の中で成果を上げてきた公務員たちがいる。苦難にぶつかりながらも、「常識・前例・慣習」を乗り越えた10人の実践を通じて、公務員が行動・挑戦し、組織の中でやりたいことを実現するヒントを伝える。「役所は『出る杭は打たれる』世界。頑張るほど、悪目立ちしてしまう。そう思うと、勇気が出ない」「地域の役に立ちたいと思って公務員になったのに、やりたい仕事ができず、達成感を感じられない」「実績をつくろうとしても、チャンスをもらえない。自己保身ばかりの上司をどう動かせばいいいか…」「最近、くすぶっている自分がいる。このままではまずい、とわかってはいるけど…」――そんな想い・悩みを抱える、すべての公務員に「一歩踏み出す勇気」を贈る一冊!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/25
    出版社
    学陽書房
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.6
    6
    5
    4
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/24Posted by ブクログ

      「常識・前例・慣習」を打破し、シティプロモーション、観光、徴収、児童虐待、公会計、水道、広報・市民協働、ふるさと納税、業務改善、モチベーションというそれぞれの分野で「出る杭」となって成果を上げてきた1...

      続きを読む
    • 2019/11/18Posted by ブクログ

      この10人の公務員の皆様を元公務員として、
      心の底からの尊敬と強烈な妬みを抱かずにはいられなかった。
      おそらく、10人の方々と同じ職場にいた上司や同僚の方々も私と同じ思いをしていたとではないだろうか。...

      続きを読む
    • 2019/11/09Posted by ブクログ

      ①前例にとらわれず、自ら主体的・自律的にスピード重視で取り組む
      ②地域に飛び出して、多様な人々と積極的に関わり、信頼関係を築く
      ③多様な地域の人材をコーディネートして、地域の課題を解決する
      ④日本国内...

      続きを読む
    開く

    セーフモード