【最新刊】極上の罠をあなたに

極上の罠をあなたに

1冊

著者:深木章子

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自分では何もしないけど傍観者に徹して最終的には事件の帰趨を支配してしまうという新キャラクター・便利屋。便利屋という職業ではなく、「便利屋と呼んでください」という。まるで死神のようであり、人格のないロボットのようでもあり、得体が知れない。登場する政治家や葬儀屋、捜査一課の刑事たちはみな悪党だらけで、その悪党をいとも華麗に騙していく便利屋。暴力で相手を屈服させるのではなく、知力で騙す。背徳の町で繰り広げられる悪事の数々。悪知恵を働かす悪徳人にするりと近づく新キャラクター・便利屋。政治家、葬儀屋、医師、捜査一課の刑事を華麗に知力で騙す。 槻津市の議員の息子が誘拐され、身代金要求が犯人から来た。金を工面しようと事務所の金庫へ向かった秘書が暴漢に襲われ、現金を奪われる。ところが、その金はなんと、偽札だったと警察に知らされる。八方ふさがりになり、便利屋に依頼をするが……。4つの事件と便利屋の連作短編本格ミステリー。最終話、読者は驚愕する!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/30
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/18Posted by ブクログ

      連作ミステリ。数々の犯罪の陰で暗躍する「便利屋」。どんな仕事でも秘密裏に請け負うという便利屋にされた依頼はいったい何だったのか。そして様々な知略が絡み合う中で、最後に笑うのは誰なのか。どこをとっても一...

      続きを読む
    • 2019/11/04Posted by ブクログ

      皆が悪い人。ここまで悪い人ばかりだといっそ清々しいな。
      便利屋さんが、悪者をやっつけてくれたらよかったのにな。

    • ネタバレ
      2019/10/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード