【最新刊】玉三郎 勘三郎 海老蔵 平成歌舞伎三十年史

玉三郎 勘三郎 海老蔵 平成歌舞伎三十年史

中川右介

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    玉三郎、勘三郎、海老蔵を通して描く歌舞伎現代史。昭和の名優たちの「神々の黄昏」として始まった平成歌舞伎。歌右衛門が選んだ後継者は玉三郎だった。その玉三郎が、次の阿古屋を発見するまでの物語と並走する、勘三郎の歌舞伎の可能性への奮闘と、その断ち切られた未来。そして、悲劇を乗り越えて團十郎へと向かう海老蔵。歌舞伎座では舞台に一緒に立つ機会がごくわずかしかなかった三人を、本の上で共演させた、ここにしかない、平成歌舞伎。【目次】 第一話 神々の黄昏第二話 二人阿古屋──歌右衛門から玉三郎第三話 勘九郎の国盗り物語第四話 若き獅子たち──海老蔵と勘三郎第五話 歌舞伎座さよなら公演の向こう側第六話 澤瀉屋の「恩讐の彼方」第七話 三つの悲劇

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/20
    連載誌/レーベル
    文春新書
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 玉三郎 勘三郎 海...2020/03/30Posted by ブクログ

      三分の二ほどは、ちょうど見てきた時代のことだったので、いろんなことを思い出しながら臨場感を持って読んだ。確かに、あんなに舞台に出ていた中村屋さんや先代の猿之助さんがもう舞台に出ることはない(猿之助さん...

      続きを読む
    • 玉三郎 勘三郎 海...2019/10/14Posted by ブクログ

      平成の歌舞伎を振り返る。
      中川右介の近年の歌舞伎本は大体読んでるし、Webの記事も見つけたら読んでるので、特段目新しい情報はなし(あ、でも玉三郎スクールの『阿古屋』は見に行けばよかった…とこれを読んで...

      続きを読む
    • 玉三郎 勘三郎 海...2020/06/01Posted by ブクログ

      玉三郎の阿古屋。一つの演目を軸に過去・現在・未来が語られ、そしてその芝居を観たいと思わせる役者たち。伝統文化の果てしなさをまた認識。

    開く

    セーフモード