メインテーマは殺人

アンソニー・ホロヴィッツ/山田蘭

1,119円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自らの葬儀の手配をしたまさにその日、資産家の老婦人は絞殺された。彼女は自分が殺されると知っていたのか? 作家のわたし、アンソニー・ホロヴィッツは、ドラマ『インジャスティス』の脚本執筆で知りあったホーソーンという元刑事から連絡を受ける。この奇妙な事件を捜査する自分を本にしないかというのだ。かくしてわたしは、きわめて有能だが偏屈な男と行動をともにすることに……。ワトスン役は著者自身、謎解きの魅力全開の犯人当てミステリ! 7冠制覇『カササギ殺人事件』に並ぶ圧倒的な傑作登場。/解説=杉江松恋

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/11/05Posted by ブクログ

      斬新な手法で読者をあっと言わせた『カササギ殺人事件』のアンソニー・ホロヴィッツが、今度は正攻法で読者に挑む、フェアな叙述による謎解き本格探偵小説。しかし、そこはホロヴィッツ。大胆な仕掛けがある。なんと...

      続きを読む
    • 2020/04/22Posted by ブクログ

      「カササギ殺人事件」で日本のミステリーランキング7冠を達成して一躍その名を轟かせたアンソニー・ホロヴィッツ。私も「カササギ殺人事件」を読むまでその名を知らなかったが、元々著名な脚本家であり、児童小説作...

      続きを読む
    • 2019/12/07Posted by ブクログ

      ミステリが読みたい!2020年大賞受賞。
      昨年の『カササギ殺人事件』に引き続き、手に取りましたが、これは文句なしの大賞だと思いました。

      自らの葬儀に手配をしたまさにその日に殺された資産家の老婦人。そ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002236495","price":"1119"}]

    セーフモード