【最新刊】魔女の契り 下

魔女の契り

デボラ・ハークネス/中西和美

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    つぎつぎと迫りくる危難を逃れ、各地を追われるマシューとダイアナだったが、ようやく写本の手がかりが見つかった。ふたりは一路、皇帝ルドルフ2世の待つ神聖ローマ帝国の都プラハへ旅立つ。しかし、ついに謎が解かれると思った矢先、予想だにしない事態が生じ、ロンドンの街で思わぬ人物と再会することに……。はたして彼らを待ち受ける宿命、そして幻の写本に隠された恐るべき秘密とは!? エリザベス1世、女王の寵臣ウォルター・ローリー、劇作家クリストファー・マーロウ、若きシェイクスピア─16世紀を彩る様々な人物が物語に命を吹き込む、絶賛ファンタジー〈オール・ソウルズ・トリロジー〉第2弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/19
    連載誌/レーベル
    ヴィレッジブックス
    • 魔女の契り 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      魔女の契り 全 2 巻

      1,914円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    • 2013/06/20Posted by ブクログ

      生命の謎を解くカギと信じアシュモール782と呼ばれる本を求め、コングレガシオンの追手から姿をかくし16世紀末に逃れた二人。ヴァンパイアのマシューはかつて生きた時代、不死の自分より先に死んでしまった友人...

      続きを読む
    • 2014/11/03Posted by ブクログ

      面白いのだが、とにかく登場人物がワラワラ出てくるので、頭の中で整理しながら読むのに時間がかかる。
      一章はとくに、ご自身のフィールドワークでの時代とあって、時代の検証作業からタイムパラドックス、生活習慣...

      続きを読む
    • 2014/11/03Posted by ブクログ

      史実の名前を絡めながらワラワラ出てくるキャラは2部だけで総勢80名。巻末に過去編の上下巻登場の名前のリストがあります。
      下巻は、いよいよ<アシュモール782>の元となる”ロジャーベーコンの錬金術の写本...

      続きを読む
    開く

    セーフモード