【最新刊】箱庭の鶏は夜に嗤う 1巻

箱庭の鶏は夜に嗤う

1冊

著:くりおね。

275円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    鶏を神様として崇める奇怪な村「華禽村」(かごむら)。一夫多妻制をはじめ、鶏の習性を風習化した奇妙な掟が存在する村で、「四家」と位置付けられた力を持つ家柄の当主の美と苦悩——。現代社会とあまりにもかけ離れたその村での、幻想的で耽美な日々を描く、妖しく官能的な美の物語。TL作品『籠の鶏は夜に鳴く』番外編として配信。※本商品は過去に他出版社から発行されていた商品になります。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。

    続きを読む

    本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    ページ数
    51ページ
    提供開始日
    2019/10/01
    連載誌/レーベル
    マンガハックPerry
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード