地域人 第66号 現代の精進料理

地域人 第66号 現代の精進料理

編集:大正大学地域構想研究所

880円(税込)
クーポン利用で380円獲得へ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。【巻頭インタビュー】吉村昇洋(曹洞宗八屋山普門寺副住職、臨床心理士)【特集】現代の精進料理地方創生のための総合情報誌『地域人』。今月の特集は「現代の精進料理」。精進料理は、もともと禅宗の修行僧の食事として伝えられてきました。動物由来の食材をいっさい使わず、ニンニクやネギなどの五葷(ごくん)と呼ばれる香りの強い野菜も使いません。仏教に根差した精進料理はまた、健康を大事にし、環境保護に目を向け、動物愛護の思想・哲学を持つ、ヴェジタリアンやヴィーガンの人たちの生き方と重なります。今また注目を集める現代の精進料理を、新たな観点から見直します。 巻頭インタビューは、各種メディアで精進料理を発信する普門寺(広島市)の副住職の吉村昇洋さん。

ジャンル
趣味・実用
出版社
大正大学出版会
提供開始日
2021/02/12
ページ数
124ページ

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】380円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効

クーポンを変更する

同シリーズ

開く