【最新刊】笠原将弘のいちばんおいしい秋レシピ

笠原将弘のいちばんおいしい秋レシピ

1冊

笠原 将弘

871円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。1冊まるごと「賛否両論」店主の笠原将弘責任編集の、秋に作りたい和食レシピ集。高松市の名店に習ううどん打ちガイドつき!秋は和食でいただきます! をテーマに、れんこん、ごぼう、じゃがいもや長いも、里いもなどのいも類、きのこ、秋なすなどのシンプルで極上のレシピを約80品紹介。焼くだけではないおいしさを追求した「さんまでごちそう」や、新米の時期ならではの「白いごはんに合うおかず」も!さらに、これからの季節に大活躍する「だし汁不要の手間なし汁もの」では、ご飯さえあれば晩ごはんが完結するような、具材たっぷりのあたたかいボリュームスープを集めました。また「うまいうどんを打てるようになりたい! 」という笠原さんとともに訪れたのが、香川県高松市で大人気のうどん店「もり家」。“エッジの効いたうどん"として『プロフェッショナル仕事の流儀』にも出演した店主森田氏に、コシの強いさぬき麺の真髄を学びます。レシピ一例◎豚とれんこんのねぎ塩炒め◎手羽元とれんこんのうま煮◎鶏ごぼうとこんにゃく黒糖煮笠原 将弘(かさはら まさひろ):1972年東京生まれ。東京・恵比寿の日本料理店『賛否両論』店主。同店は開店以来ずっと「予約のとれない」人気店として有名。テレビ、ラジオなどメディア出演多数。著書『僕が本当に好きな和食』は2017年の料理レシピ本大賞「料理部門」入賞。

    続きを読む
    ページ数
    83ページ
    提供開始日
    2019/09/13

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード