【最新刊】間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに

間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに

1冊

ロマン優光

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    正しい音楽家 待望の第2弾 《早くも評判》 ニッポン戦後サブカルチャー史(NHKEテレ・宮沢章夫)よりわかりやすい!どこよりも正しいサブカル本の誕生 恥ずかしい大人にならないためにも必読です……サブカルほど、意味がわからないものはない。そして、そんなサブカルについて語る人はさらに意味不明。いちジャンルなのか? バカにした言葉なのか?ひとによってサブカルの意味がバラバラなのに、サブカル議論なんて成立するわけがない。そこでここらで一旦サブカルの意味を再定義しよう、というのが本書の狙いである。正しいサブカルの認識を持てば、サブカルおじさんがバカに見えてくる。これが新世代「サブカルのススメ」だ!<目次>第一章 幻想のサブカル地図 ―みうらじゅんはサブカルなのか―サブカルの源流を辿る/蔑称としてのサブカル/サブカルっぽい有名人/サブカル風評被害/みうらじゅんはサブカルではない第二章 中森明夫と宮崎勤の“罪と罰”これが中森明夫だ! /中森明夫と宮崎勤/中森明夫のアイドル語りがひどい/中森明夫と岡田斗司夫第三章 そのサブカル、間違ってます!サブカルを分けてみた/マウンティングするバカ/みんなアニメが好きだった/ファッションサブカル野郎/間違ったサブカル批判/サブカルのオタクいじめはあった?/イケダハヤト、はあちゅう/サブカル評論家と呼ばれている人第四章 カリスマはいなくなったターザン山本という男/ブレーンに頼りすぎて凋落/ビバ彦という男/町山智浩という男/カリスマぶるには断定口調が大事第五章 サブカルと女性「こじらせ女子」って?/久保ミツロウ問題/ネットがよく炎上する東村アキコ/岡田あーみんという事件/大塚さんのこと第六章 サブカルおじさんの害 ―町山智浩をサンプルに考える―サブカルおじさんを慕う薄ら寒い人々/中年の悪ふざけは痛々しい/「女のマニアックな趣味は男の影響」という考え/おじさんは夢見る少年でいたがる第七章 なぜサブカルは自分はオタクだと言いたがるのか水道橋博士のケース/プロト・サブカルなら仕方がない/なぜサブカルは自分はオタクだと言いたがるのか/サブカルもオタクもダメダメだ/オタクだと言い張る唐沢俊一/中原昌也と高橋ヨシキのオタク叩き/今の『映画秘宝』どうよ/安易なレッテル貼りはダメ絶対

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/18
    連載誌/レーベル
    コア新書

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード