三国志演義被害者の会 下

著:宮坂祐太

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    紀元一八〇年頃から二八〇年の三国時代から千年以上後、明の時代に成立した小説、『三国志演義』。今日まで続く三国志人気の原動力となった、大ベストセラーです。劉備、諸葛亮、関羽、張飛といった英傑達が活躍する、壮大な歴史スペクタクル。しかし、その英傑達の活躍の陰には、実際には優れていたにも関わらず、残念な役割を演じさせられた『三国志演義被害者』が大勢います。多彩な被害者達が、会長・周瑜、副会長・魯粛、ご意見番・曹操と共に、会話形式で、自らの実像に面白おかしく迫ります。あんまりいっぱいいるものだから、作っちゃった下巻。大トリは意外なあの人?引き続き魂の叫びを聞け!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード