和泉式部日記

川瀬一馬

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    弾正宮を喪い、人の世を「夢よりもはかなき」ものと観じ、頼りない式部の心に、四月(うづき)青葉の頃、弟宮帥(そち)宮との恋が始まる。「あやしかりける身のありさま」と嘆く身も、五月雨、七夕、紅葉やがて雪の頃と季節が移り、交わす心持も深まる。南院に迎えられるまで十ヵ月余の恋の哀歓を、贈答歌を骨子につづる。黒川家旧蔵の寛元本を底本に、「和泉式部日記は藤原俊成の作」とする川瀬一馬氏の校注になる「日記」。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/05/24Posted by ブクログ

      (2013.05.23読了)(2005.01.15購入)
      【5月のテーマ・[日本の古典を読む]その③】
      紀貫之の「土佐日記」は、土佐・高知での任期が終わり、送別会を開いてもらって、船で和歌山経由で、大...

      続きを読む

    セーフモード