【最新刊】訣別 (下)

訣別

2冊

マイクル・コナリー 訳:古沢嘉通

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    ヴァンスに会いにいくと、高齢と疾病のため、老い先短いことを悟った老人から、大学生の頃知り合い、妊娠させながらも、親に仲を裂かれたメキシコ人の恋人を、あるいはもしその子どもがいれば、探してほしいと頼まれる。ヴァンスは未婚で、ほかに子孫はおらず、彼が亡くなれば莫大な財産の行方が気になるところで、もし血縁者がいれば、会社の将来を左右する事態になるかもしれず、そのため、会社側の利益(ひいては自分たちの利益)を優先させる行動に出る重役たちがいることが予想されるため、調査はくれぐれも極秘でおこなってほしい、と念を押される。また、この調査に関する報告は、かならずヴァンス自身にのみおこない、ヴァンス以外の人間から調査への問い合わせは一切しない旨、告げられる。 一方、同僚刑事と連続婦女暴行事件捜査を進めるなか、同一犯によると思しき暴行未遂事件が起こり、事態が急展開する。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/13
    連載誌/レーベル
    講談社文庫

    レビュー

    4.1
    16
    5
    6
    4
    7
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/10/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2019/10/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/08/23Posted by ブクログ

      ボッシュの、経験が、事件を解決に導きます。やり方の違いで、ちょっと角が立ちかけていたSFPDの仲間と上司ですが、事件を解決したボッシュの実力の賜物で和解して、無休の立場から、常勤の立場を提示されるよう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード