【最新刊】倭の五王 王位継承と五世紀の東アジア

倭の五王 王位継承と五世紀の東アジア

河内春人 著

946円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    倭の五王とは、中国史書『宋書』倭国伝に記された讃・珍・済・興・武を言う。邪馬台国による交信が途絶えてから150年を経て、5世紀に中国へ使者を派遣した王たちである。当時、朝鮮半島では高句麗・百済・新羅が争い、倭もその渦中にあった。本書は、中国への“接近”の意図や状況、倭国内の不安定な王権や文化レベル、『古事記』『日本書紀』における天皇との関係などを中国史書から解読。5世紀の倭や東アジアの実態を描く。古代歴史文化賞優秀作品賞受賞

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/13
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    • 2018/08/14Posted by ブクログ

      倭の五王の正体について無理に記紀の記述にあてはめようとはせず、最も客観的と思われる視点からアプローチしようとする。
      最も客観的な視点とは、中国による倭国の支配者への官位の叙任、巨大古墳の分布状況、朝鮮...

      続きを読む
    • 2018/05/12Posted by ブクログ

      2018/05/12:読了
       倭の五王について、中国、朝鮮の資料から当時の状況を説明している本。
       日本の日本書紀、古事記については、たまに比較のため参照しているだけ。
       百済、新羅、高句麗、北魏、南...

      続きを読む
    • 2018/05/25Posted by ブクログ

      古事記、日本書紀をベースにした半親和的な古墳時代の天皇家の系譜を宋書をベースに再解釈を試みる。また、朝鮮半島、および中国の王朝の政治的状況を分析し、ありえたこと、ありえなかったことを考えて、日本の政治...

      続きを読む
    開く

    セーフモード