【最新刊】信長の軍師 巻の四 大悟編

信長の軍師

岩室 忍

858円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    武田信玄、上杉謙信など有力武将の相次ぐ死去により、信長の天下統一を妨げる武将はいなくなる。しかし、正親町(おおぎまち)天皇は、官位官職は与えても決して征夷大将軍は与えなかった。師・沢彦宗恩は(たくげん・そうおん)、信長と朝廷との間の底なしの溝に絶望する。そんな折、信長は甲州征伐を断行、あろうことか残党を匿った武田の軍師・快川紹喜(かいせん・じょうき)を寺もろとも焼き殺してしまう。天を仰ぐ沢彦、そしてこれこそが信長の運命を急変させる一大事だった……。 壮大な構想の下、空前の発想で戦国最大の謎に挑んだ超巨編、全4巻一挙電子化ここに堂々完結!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/20
    連載誌/レーベル
    祥伝社文庫
    出版社
    祥伝社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 信長の軍師 全 4 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      信長の軍師 全 4 冊

      3,498円(税込)
      34pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 巻の一
      2019/11/02

      尾張織田弾正忠家に生まれた麒麟児吉法師。その才能は一部の者からしか認められていなかったが、乱世を終わらせる英雄に育てるべく傅役の平手政秀は美濃の沢参を招く。会うや沢参もその才能を見抜き武術、学問を吉法...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/12/11

      朝廷は信長を征夷大将軍に任命することを拒み、朝廷の仕組みに入れるべく奮闘する。次第に南蛮式の統治法に魅せられた信長は安土城を築き自らの野望を秘かに表現する一方で、天皇が国師に任命した快川を焼き殺す。信...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/12/11

      尾張を統一をした信長の前に立ちはだかるのは東海一の弓取りの異名を取る今川義元。沢彦の兄弟子に当たる太原雪斎は北条、武田との三国同盟を成し遂げ、義元は上洛するべくいよいよ西征を開始する。果たして乱世を薙...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード