【最新刊】福永武彦 電子全集16 『夢のように』、随筆の家としてII。

随筆の家として

1冊

福永武彦

2,750円(税込)
1%獲得

27pt(1%)内訳を見る

    雑誌連載「十二色のクレヨン」を収録した随筆集『夢のように』や『書物の心』、最後の随筆集となった『秋風日記』を収録。第四随筆集『夢のように』(1974年刊)から、第五随筆集『書物の心』(1975年刊)、最後の随筆集となった第六随筆集『秋風日記』(1978年刊)を中心に、単行本未収録随筆9作や、雑誌「波」による最後のインタヴューとなった「病気のこと 仕事のこと」を収録。『夢のように』には、雑誌「ミセス」に連載された「十二色のクレヨン」(抄録)ほか、美術、音楽、身辺雑記等の随筆が収められている。うち「十二色のクレヨン」の連載途中に発生した隣家の違反建築騒動に巻き込まれた「違反建築の話」は、単行本には収録されなかったもので、福永の能動的な姿や実行力を垣間見ると同時に、執筆当時の世相を伝える意味でも貴重なレポートといえる。『書物の心』は交流のあった作家、文学者との思い出を記した随筆と、59本の書評からなる一冊。最後の随筆集となった『秋風日記』は、『死の島』刊行で、自らの文業に一区切りをつけた福永の“文人意識”で貫かれ、随筆集で唯一旧字旧かなで記されている。附録として、『夢のように』に収録された「シベリウスの年譜」や、『内田百ケン全集』推薦文の自筆草稿等を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/20
    連載誌/レーベル
    福永武彦 電子全集

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード