【最新刊】某

某

著:川上弘美

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    死ぬことは、今も怖い。恋してからは、ますます怖くなっている。名前も記憶もお金も持たない某(ぼう)は、丹羽ハルカ(16歳)に擬態することに決めた。変遷し続ける〈誰でもない者〉はついに仲間に出会う――。愛と未来をめぐる、破格の最新長編。※ある日突然この世に現れた某(ぼう)。人間そっくりの形をしており、男女どちらにでも擬態できる。お金もなく身分証明もないため、生きていくすべがなく途方にくれるが、病院に入院し治療の一環として人間になりすまし生活することを決める。絵を描くのが好きな高校一年生の女の子、性欲旺盛な男子高校生、生真面目な教職員と次々と姿を変えていき、「人間」として生きることに少し自信がついた某は、病院を脱走、自立して生きることにする。大切な人を喪い、愛を知り、そして出会った仲間たち――。ヘンテコな生き物「某」を通して見えてくるのは、滑稽な人間たちの哀しみと愛おしさ。人生に幸せを運ぶ破格の長編小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/11
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/12/16Posted by ブクログ

      『「さて、それでは、これから治療に入りましょう」「治療」わたしは、ぼんやりと聞き返す。「そうです。治療して、あなたのアイデンティティーを確立しようではありませんか」「アイデンティティー」』

      川上弘美...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/11/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/09/18Posted by ブクログ

      発売日に買って、2日ほどで一気に読んだのに、感想が定まらなかった。
      それほど、自分にとっては衝撃的な内容だった。

      ある日突然現れた主人公が、様々な人間に擬態を繰り返していくというのが大まかなあらすじ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード