【最新刊】自衛隊員は基地のトイレットペーパーを「自腹」で買う

自衛隊員は基地のトイレットペーパーを「自腹」で買う

1冊

小笠原理恵

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    気鋭の国防ジャーナリストが警笛を鳴らす 自衛隊が抱える「働き方改革」の課題予算不足で隊員も制服も装備も弾薬も足りない!災害派遣やPKO活動を通し、多くの国民から尊敬される一方で彼らはずっと耐え忍んできた……著者の問題提起をきっかけに国会でも議論白熱!!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/04
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS新書

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/07Posted by ブクログ

      書名は奇を衒っているが、内容は真面目で読みやすい。予算がないばかりに自衛隊の機能が低下しつつある、という大きな課題を訴えている。隣国の動向を鑑みるに、大いに考えさせられる。経費削減、予算縮小だが頑張っ...

      続きを読む
    • 2020/01/07Posted by ブクログ

      世界で第六位の実力を持つという自衛隊。予算削減の結果、備品や光熱水費削減。定数不足も含めロジスティック軽視の旧日本軍につながる日本人の病理。

      自衛隊に関する諸々の問題点を指摘する衝撃の一冊。
      自衛隊...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/10/20Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード